芸能人の裏話や噂をいち早くお伝えします♪もちろんジャニーズ事務所のうわさもあります!

TOKIOが全員30代最初で最後の武道館ライブ

9月22日TOKIO(トキオ)が49回目の武道館ライブを行いました。
TOKIOがデビューしたのは、1994年9月23日ですから奇しくも23日はデビュー15周年にも当たり、全国ツアー二日目の23日ライブで15周年と武道館50回記念ライブと切りの良い数字が並びます。

今回の武道館ライブは全国ツアーのスタートとなり、TOKIOにとってはメンバー全員30代のライブは今回が最初で最後となり、別の意味でも感慨深いツアーになりそうです...


ロックバンドのTOKIOは、メンバー5名それぞれ個性的ですが年齢もバラバラです。
一番若いのは、ボーカルの
「長瀬智也」で現在30歳
次は、ドラムの
「松岡昌宏」で32歳
そして、司会でおなじみキーボードの
「国分太一」は35歳
次は、ベースの
「山口達也」で37歳
そして最後は、リーダーでギター担当の
「城島茂」で38歳

リーダーの城島は誕生日が11月17日なので来年2010年には40歳になってしまいます。
それで、今回の全国ツアーがメンバー全員30代の最初で最後のツアーとなってしまうと言う分け!!

実に一番若い長瀬とリーダー城島の年齢差が8年もあるのは、ジャニーズ所属のグループでも珍しいのでは?

年寄り扱いされているリーダーに山口は
「リーダー、足を引っ張らないで!」(日刊スポーツより)
と声をかけ、笑いを誘いながらもグループの仲の良さを見せています。

最近でこそ武道館ライブを行う音楽グループはたくさんありますが、武道館で50回もライブを行ったのはジャニーズ所属タレントでは最多となります。

ドラム担当でドラマ出演も多い松岡昌宏は
「今も武道館でライブできることは幸せ。武道館には思い入れがある」(サンスポより)
と、大舞台での公演に感慨深げです。

そんな松岡の演技が光ったのは
ドラマ『ゴジラ FINAL WARS』でしたね、今見ても彼のアクションは切れがあります。


今回の全国ツアーでは、先日なくなった忌野清志郎さんから楽曲提供を受けた「何度も夢の中でくり返すラブ・ソング」も披露されます。
30歳となったボーカルの長瀬は「しんみりはしたくない。清志郎さんも、それを望んでいると思う。TOKIOなりのアレンジで聴かせて恩返ししたい」(サンスポより)
と、ロックグループのTOKIOとして忌野清志郎への恩も忘れたくないのでしょう...

そのほか、ツアーではTOKIOの代表曲「宙船(そらふね)」や 新曲の「太陽と砂漠のバラ」が演奏され、ファンと共にTOKIOの武道館公演が続くことを願います♪

新曲「太陽と砂漠のバラ」は土曜ドラマ「華麗なるスパイ」の主題歌で長瀬が主人公を演じています


人気BLOG RANKING
月別の過去記事
powered
yahoo