芸能人の裏話や噂をいち早くお伝えします♪もちろんジャニーズ事務所のうわさもあります!

ザ・ビートルズ(The Beatles)米国編集盤「THE U.S. BOX」復刻~幻のジャケット写真も

ザ・ビートルズの米国編集アルバム13枚をまとめ、CDボックス「THE U.S. BOX」として復刻され、日本でも1月29日に発売されます。

ランキングクリックお願いします→ ranking

1960年~70年代の音楽シーンを塗り替えたレジェンドといえばザ・ビートルズ(The Beatles)


10年にも満たない活動期間ながら、その後の多くのミュージシャンに影響を与え
現在でもその音楽を耳にすることが多い伝説のバンドです。


ザ・ビートルズのアナログ盤をCD-box化した復刻盤はこれまでも発売されています。

たとえば、
2004年に「ザ・ビートルズ ’64 BOX」
2005年に「ザ・ビートルズ ’65 BOX」
が発売されていましたが、米国で編集されたアルバムの内13タイトルは廃盤となっていました。
(参照:ザ・ビートルズのベスト「赤盤」「青盤」もデジタルリマスター化!


今年ザ・ビートルズが米国上陸して50周年のメモリアルイヤーとなることから、
13枚組の米国編集盤を復刻した『THE U.S. BOX』が海外で2014年1月22日に、日本では1月29日に発売されます。

この復刻盤には1964年に米国で発売された「ミート・ザ・ビートルズ」から
70年に発売された「ヘイ・ジュード」までの全13作を収録。

当時同名アルバムが母国である英国からも発売されていましたが、
米国盤はオリジナルアルバムから曲数を減らし、代わりにシングル曲を加えるなどの別編集されていました。

その後、英国盤のみがCD化され、米国盤は廃盤となっていました。


今回の復刻CD-BOXで注目なのは「イエスタデイ・アンド・トゥデイ」のジャケット写真の扱いです。
当初のジャケット写真は白衣を着たメンバーがバラバラになった赤ん坊の人形や肉片を抱いたグロテスクなものでした、
これを心配したのか発売直前に写真が差し替えられたというドタバタ劇がありました。

『THE U.S. BOX』では、問題となったグロテスクなジャケット写真と差し替えられたジャケットの両方が楽しめる仕掛けになっていると言います。

いろんな意味でビートルズファンには垂涎のCD-BOXになるのは間違いありません。







最後までご覧いただきありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします!!
人気blogランキング現在44位!(エンタメ・全般)(^-^)v

人気BLOG RANKING
月別の過去記事
powered
yahoo