芸能人の裏話や噂をいち早くお伝えします♪もちろんジャニーズ事務所のうわさもあります!

西城秀樹 60歳引退を自ら撤回!二度の脳梗塞から蘇ったヒデキの著書発売!

60歳で歌手を引退すると言っていた歌手の西城秀樹が、著書の発売記念イベントで自ら引退を撤回しました。

ランキングクリックお願いします→ ranking

アイドル時代から第一線で活躍する西城秀樹!

『日本レコード大賞』で二年連続歌唱賞受賞、『NHK紅白歌合戦』にも11年連続出場を果たすなど
歌謡界の第一人者として活躍していた西城秀樹を思いもよらぬ病気”脳梗塞”が襲ったことがあります。

一度目は2003年にディナーショーのために訪れていた韓国でした。
空路帰国して一命は取り留めましたが、歌手としては致命的な声帯の神経をやられ、
言葉を正確に発音できない構音障害を発症していました。

一度は芸能界引退も考えたという西城秀樹ですが、妻の懸命な介護や精神的な支えでリハビリに励み
徐々に人前で歌うことを初め、2006年には3年ぶりのシングル「めぐり逢い/Same old story ~男の生き様~」を発売。

コンサートの回数も増やしていました。


順調に回復しているかに見えた西城秀樹ですが、2011年に再び脳梗塞が再発していることが判明しました!
二度目の脳梗塞では右半身麻痺の後遺症が残り、杖をついてステージに上がるヒデキの姿も見えました。

西城秀樹は新たに水中運動のリハビリを加えて右半身の麻痺を克服し、杖なしでも歩けるほどに回復しました。
二度の脳梗塞に襲われながらも、これまで通りのステージが見られるかと思っていたのですが

ファンが驚いたのは2012年10月7日に行われた「きずなアートフェス」のトークショーに登場したヒデキの次の言葉でした。

60歳になったら歌の世界から去っていこうと思う

(デイリースポーツより)
と、会場が一瞬にして凍り付くような発言をしました。

二度の脳梗塞を乗り越えて見事ステージ復帰を果たした西城秀樹ですが、
限りある命を新たなステージで発揮したいとの思いが強く、
61歳以降は新たなことに挑戦することを願っているようです。

【送料無料】ありのままに [...

【送料無料】ありのままに […
価格:1,400円(税込、送料別)

ヒデキが歌うステージを楽しみにしていたファンにとっては悲しい宣言でした。

ところが11月17日に都内の書店で開かれた
西城秀樹の最新著書「ありのままに『三度目の人生』を生きる」の発売イベントで
ヒデキは自らの発言を撤回したのです。


これからも歌手として歌を語って、皆さんにメッセージを伝えていきたいです

(日刊スポーツより)
と、引退を完全撤回、生涯歌手として歌い続けることを宣言しました。


10月のトークショーでの60歳引退発言について
ヒデキの盟友で「新御三家」の一人野口五郎は

あいつは冗談が下手。(引退は)ない、ない。
僕らは向こうの世界に行く直前まで歌い続けてますよ。不死鳥ですから。

と、引退を否定していましたが、西城秀樹本人から引退を否定する言葉が聞けたのは今回は初めてです。


西城秀樹は10月のトークショーでの「還暦で引退」発言について、言った覚えはないと言い。

もちろん視野を広げて(モダン)アートとか自分の可能性にチャレンジはしてみたい。
でもそれを勝手に(歌手引退と)なってしまうのは…。言ったことありません。

と、引退を完全否定しました。

ヒデキの現役続行宣言で、ファンも一安心したことでしょう。





最後までご覧いただきありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします!!
人気blogランキング現在24位!(エンタメ・全般)(^-^)v

人気記事

まだデータがありません。

人気BLOG RANKING
月別の過去記事
powered
yahoo