芸能人の裏話や噂をいち早くお伝えします♪もちろんジャニーズ事務所のうわさもあります!

吉田拓郎のオールナイトニッポン復活 アルフィー坂崎とタッグ

吉田拓郎が伝説のラジオ番組「オールナイトニッポン」のレギュラーを11月から務めることがわかりました。

吉田拓郎はたびたび体調を壊し、2009年は生涯最後の全国ツアーと称して6月から『Have A Nice Day LIVE 2009』をスタートさせました。
ところが、大阪公演前に気管支炎を悪化させ以降の公演をキャンセルしてしまいました。拓郎も「最終となるツアーがこのような結末となり本当に無念であります」
とコメントを発表するように、歯切れの悪い全国ツアーとなりました。

吉田拓郎は2003年に肺がんが見つかりましたが、手術でほぼ全快しています。
ただ、手術の影響で呼吸器系の病気になることが増え、2007年の『Life is a Voyage TOUR2007“Country”』ツアーでも大半の公演をキャンセルすることになりました。

しかし、拓郎の音楽への情熱は衰えてはいません。
今年8月にニッポン放送のラジオ番組「わが青春の吉田拓郎!坂崎幸之助のオールナイトニッポンGOLD」で、司会のTHE ALFEEの坂崎幸之助と約30分間自宅から電話でラジオ出演しました。

この番組で拓郎は
「歌うことが終わったわけではない。この秋は曲作りに専念。70年代のような何が起こるか分からないようなライブをやりたい」(スポーツ報知より)
と、まだまだ曲作りやライブへの意欲を語っていました。

そんな彼の情熱を知り、復帰に向けラジオ番組レギュラーを打診したのがニッポン放送スタッフ。拓郎も古くからの盟友アルフィー坂崎とのコンビならとの条件付きで、ラジオ番組のパーソナリティを引き受けました。
それが11月から大幅リニューアルされた「オールナイトニッポンGOLD」で、吉田拓郎と坂崎幸之助は月曜日のパーソナリティを担当します。

「吉田拓郎のオールナイトニッポン」というと、かつてのフォークファンには忘れられない番組を彷彿とさせます。

1974年から1975年に一度目、さらに1980年から1982年にも二度目となるパーソナリティを務めました。

今回のオールナイトニッポンのレギュラー復帰は、前回から25年以上も経過しての再登場となりラジオ史上でも珍しいことでしょう。


70年代当時、拓郎はラジオのパーソナリティ出演でラジオ聴取者であるファンと深い絆を結んでいました。週刊誌に発表されるより先にオールナイトニッポンで初めての奥さんとの離婚を報告するなど、自らの活動や信条を素直に表現する場でもあったのです。


今回ラジオ番組で吉田拓郎と坂崎幸之助が共演するのは、先日加藤和彦氏が亡くなったことと運命的なものも感じます。
(参照:加藤和彦 自殺に元「フォークル」の友人や音楽関係者ら絶句


The ALFEEの坂崎幸之助はザ・フォーククルセダーズの復帰コンサートにも出演するなど、加藤和彦と意気投合し最近は二人で和幸(かずこう)というユニットまで組んでいた仲です。
また、吉田拓郎は大ヒット曲「結婚しようよ」のアレンジを加藤和彦に依頼するなど、加藤と深い信頼関係がありました。

加藤和彦らと共に70年代フォークのパイオニアの一人吉田拓郎には、まだまだ元気で日本の音楽シーンに新たな風を送り込んでもらいたいものです。


2006年に31年ぶりにつま恋でかぐや姫らと共に開いたコンサート「つま恋2006」は、8時間以上に及ぶ5部構成で、かまやつひろしや中島みゆきらも登場する、伝説のコンサートになりました。
このコンサートの模様は次のDVDで見ることが出来ます。


1 件のコメント

人気BLOG RANKING
月別の過去記事
powered
yahoo