芸能人の裏話や噂をいち早くお伝えします♪もちろんジャニーズ事務所のうわさもあります!

岸田敏志 愛娘・稲田みづ紀が「レ・ミゼラブル」ヒロインに抜擢

歌手の岸田敏志の長女・稲田みづ紀が帝劇で開催されるミュージカル「レ・ミゼラブル」のヒロイン、コゼット役を務めることが分かりました。 → ranking

ヒット曲「きみの朝」で知られる歌手・岸田敏志の長女・稲田みづ紀はミュージカル女優として活動していました。

今年29歳の稲田みづ紀はすでにミュージカル女優として6年のキャリアがあるのだとか..

2006年のミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」でコーラス隊などにも参加していました。
ただ、稲田みづ紀はソロをとるプリンシパルに選ばれたことはなく、これまで何度もオーディションを受けていたと言います。

ミュージカル「レ・ミゼラブル」にはアンサンブルとして2007・2008年に出演しています。
いつかはステージの真ん中でスポットライトを浴びられるように訓練を重ね、オーディションを受け続けました。
「レ・ミゼラブル」にはコゼットよりも年齢が高めのエポニーヌ役でオーディション受けましたが落選し、別の作品に出演していました。

そんなとき、ミュージカル「レ・ミゼラブル」の演出や脚本家として世界的に有名なジョン・ケアード氏からコゼット役に挑戦した方がいいとのアドバイスを得、来春帝劇開場100周年記念で上演されるミュージカル「レ・ミゼラブル」のコゼット役オーディションに挑戦しました。

オーディションでは稲田みづ紀の美声とひたむきさがコゼット役にぴったりだと評価され、念願のプリンシパルに大抜擢されました。

娘が大役に抜擢されたことで岸田敏志も黙っていられないようです。

家では「レ・ミゼラブル」の話題で持ちきり、
稲田が自室でレッスンしていると、父親である岸田敏志がいつの間にかやってきてレッスン指導になるとか。

岸田敏志は大学在学中に俳優デビューし、ヒット曲『きみの朝』で有名なこの道の大先輩。
娘も先輩の指導を素直に聞いているらしい...

愛娘の成長に父親の顔となる岸田敏志は
「最近は音程もしっかりしてきた。合格してほしいと願っていただけに本当にうれしい。うるさがられるほど劇場に通います」(スポニチより)
と、今からミュージカル初日を楽しみにしています。
★岸田智史『エッセンシャル・ベスト』CD

【送料無料】エッセンシャル・ベスト 岸田...

【送料無料】エッセンシャル・ベスト 岸田…
価格:1,470円(税込、送料別)

人気BLOG RANKING
月別の過去記事
powered
yahoo