芸能人の裏話や噂をいち早くお伝えします♪もちろんジャニーズ事務所のうわさもあります!

尾野真千子 30歳で朝ドラ「カーネーション」ヒロイン!決定に大泣き

NHKは今年秋スタートの連続テレビ小説『カーネーション』ヒロインに女優の尾野真千子を選んだことを発表しました。

ランキングクリックお願いします→ ranking

当ブログ記事に既報通り、2011年後期NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」のヒロインは女優の尾野真千子に決まりました。
(参照:朝ドラ「カーネーション」ヒロインに尾野真千子内定!コシノ三姉妹の母を演じる


女優歴10年以上で主演映画「萌(もえ)の朱雀(すざく)」がカンヌ映画祭でグランプリを獲得するなど、実力派女優の尾野真千子ですから、朝ドラ『カーネーション』の出演もNHK側からのオファーだと思っていました。

ところが、3月7日都内で行われたNHK朝ドラヒロイン決定記者会見の席で、尾野真千子がオーディションで選ばれたことがわかりました。

小野は記者会見で
「18歳で東京に出てきて、朝の連続ドラマのオーディションに何度も通い、なかなか受からず。ヒロインはもうないなと思ってたら、30歳を迎える今年にやっと夢が叶った」(オリコンより)
と、
これまで2001年の「ほんまもん」などNHK朝ドラオーディションに3度応募し落ちていたことを明かしました。

NHKの朝ドラにこだわる理由を尋ねられると
「出たら有名になれると思っていました。それに出れば親孝行になると思って、ぜひ出たかった。送り出してくれた父や母のためにも出たいと思っていた」(まんたんウェブより)
と、半分冗談めかして答えました。


秋から始まる朝ドラ「カーネーション」は3人のファッションデザイナー”コシノ三姉妹”を生み育て、自らもデザイナーの草分けとして活躍した小篠綾子をモデルにしたドラマです。
ドラマでは小篠綾子さんの若いときから母として子育てとデザイナーとしての仕事を両立させる強い母を演じるヒロインの設定は尾野真千子にとってぴったりの役柄でした。

尾野真千子は4度目のオーディションを受け見事念願の朝ドラ・ヒロインの座を手に入れました。

知らせを聞いたのは3月3日ひな祭りの日にスーパーで買い物をしているときです。
「スーパーで買い物していて、事務所から連絡があったんですけど、そこで大泣きしました。事務所の方と泣いて喜びました」(オリコンより)
と、1850人の応募者の中からヒロインに選ばれた喜びを語ります。

「カーネーション」を担当するNHKの城谷厚司チーフ・プロデューサーは
「最終的なテストで、10代の女学生と、45歳のお母さんの設定の2つをやってもらった時、女学生としても、45歳としての存在感もハマッていた。面接を重ねて、内に持っているパワーも凄く感じて、ヒロインと重なった」
と、尾野の実力に太鼓判を押しました。


【送料無料】カーネーション 完全版 ...

【送料無料】カーネーション 完全版 …
価格:14,364円(税込、送料別)

NHK朝の連続テレビ小説は1975年の「おはようさん」からNHK東京とNHK大阪が交代で制作しています。
朝ドラヒロインは新人女優の登竜門としてオーディションで選ぶのが通例でしたが、最近は視聴率低迷の挽回策としてオーディションではなく実績ある女優にオファーすることも増えていました。

最近では昨年(2010年)の東京制作「ゲゲゲの女房」ヒロインに女優の松下奈緒が選ばれ、
既に女優として実績がある松下奈緒はNHKからのオファーと見られます。
(参照:「ウェルかめ」倉科カナから「ゲゲゲの女房」松下奈緒へヒロイン・バトンタッチ

また、今年(2011年)4月から始まる東京制作「おひさま」ヒロインは人気女優の井上真央で、
ほぼ間違いなくオーディションではなく通常のオファーで選ばれたと思われます。
(参照:来春の朝ドラ「おひさま」ヒロインに井上真央!封印した制服姿も披露


NHK東京制作の朝ドラが実績ある女優を選ぶ一方、NHK大阪制作の朝ドラは原点回帰を狙っているのか最近は新人女優をオーディションで選ぶ傾向があります。

2009年後期の朝ドラ「ウェルかめ」には新人の倉科カナをオーディションで選びました。
(参照:倉科カナ NHK朝ドラ「ウェルカメ」ヒロイン抜擢でグラビア卒業

現在放送中の2010年後期朝ドラ「てっぱん」もピチピチの若手女優・瀧本美織をヒロインに抜擢
(参照:次期NHK朝ドラ「てっぱん」ヒロインの瀧本美織は天然キャラかも


2011年後期の朝ドラ「カーネーション」ヒロイン・尾野真千子もオーディションで選ばれたとこのと、
既に実績ある尾野真千子もオーディションで選ぶというこだわりが半年以上に及ぶ厳しい撮影スケジュールに耐えるには女優のやる気が一番大切だと言うことでしょう。


尾野真千子は既に映画やドラマ出演で数々の実績を残しています
・2007年映画『殯の森』主演 カンヌ国際映画祭でグランプリ獲得
・2008年映画『クライマーズ・ハイ』ヒロイン玉置千鶴子役
・2009年NHKドラマ『火の魚』ヒロイン折見とち子役 第36回放送文化基金賞・演技賞受賞
・2010年ドラマ『mother』道木仁美役 東京ドラマアウォード助演女優賞

既に実績ある尾野真千子ですが
「30歳になる年にやっと夢がかないました」
「気持ちは新人だと思っています」
「今まで積み重ねてきたものを『カーネーション』で発揮したい」
と語り、実績の上にNHK朝ドラ出演で国民的知名度上昇は間違いないでしょう。



最後までご覧いただきありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします!!
人気blogランキング現在20位!(エンタメ・全般)(^-^)v

人気BLOG RANKING
月別の過去記事
powered
yahoo