芸能人の裏話や噂をいち早くお伝えします♪もちろんジャニーズ事務所のうわさもあります!

瀧本美織「てっぱん」ヒロインは泣き虫!大阪風&広島風お好み焼きの腕前は?

新人女優・瀧本美織がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「てっぱん」が第一週を終え、NHKの土曜スタジオパークに生出演しました。

ランキングクリックお願いします→ ranking

9月27日からスタートした2010年後期朝ドラ「てっぱん」は、意外な高視聴率でスタートしました。
27日の初回平均視聴率は18.2%(ビデオリサーチ、関東地区)と、初回視聴率だけを比べると先日まで放送され高視聴率を記録した「ゲゲゲの女房」初回視聴率を大きく上回りました。

前期朝ドラ「ゲゲゲの女房」は初回視聴率が14.8%と朝ドラ始まって以来の低視聴率を記録しました。
ただこれには裏があって、NHKは長年続けてきた朝の連続テレビ小説の放送時間を15分前に移動し、8時スタートに変更したのです。
そんなドタバタで初回こそ低視聴率スタートとなった「ゲゲゲの女房」ですが、水木しげるの漫画が売れ出す話になると徐々に視聴率も上昇し、終わってみれば2000年以降の朝ドラでは歴代3位となる高視聴率を記録しました。
(参照:「ゲゲゲの女房」に風間トオルら新キャスト登場!視聴率上昇加速か?


まずは順調なスタートを切った朝ドラ「てっぱん」のヒロイン瀧本美織は、放送開始後1週間が過ぎた10月2日NHK土曜スタジオパークに生出演、その後報道陣のインタビューに答えました。

初回視聴率が18.2%を記録したことを聞かれた瀧本は
「たくさんの人が観てくれている実感が数字に表れてるのかなって。やっぱり嬉しいです」
「ここからが本当のスタート。今まで助走をして、やっと『よーいドン』と走り始めた感じ」
さらに、報道陣から20%越が出来るかと聞かれると
「できればしたいですね」(オリコンより)
と、無邪気に答えました。

最も瀧本美織の場合、記者の質問に対し的外れな受け答えをした実績があります。
9月の始めに初めての「てっぱん」試写会が行われた後の記者会見で、
高視聴率を続ける「ゲゲゲの女房」に続く朝ドラを引き受けるヒロインとしてプレッシャーは感じないかという質問に
「プレッシャーは感じてないです。引き続き、見ていただければ!」
「ピンチはチャンスみたいな感じじゃないですか」
と、的外れな受け答えで周りを苦笑させました。
(参照:次期NHK朝ドラ「てっぱん」ヒロインの瀧本美織は天然キャラかも

瀧本美織は10月2日に出演したNHK土曜スタジオパークでも上記のエピソードを取り上げられ、天然キャラだといじられていました。
それでも瀧本本人は全く意に介していないようで、明るく笑い飛ばしていました。

少々の失敗にはへこたれないところが、朝ドラヒロインに必要な資質かもしれません。
ただ、瀧本美織が撮影で気をつけているのが「泣かないこと」だったのです。

元々泣き虫だという瀧本は、「てっぱん」撮影でもグッと来るシーンになるとつい涙がこぼれてしまいそうになると言います。
先週放送された、村上あかりの育ての母・村上真知子(安田成美)と海が見えるお寺で、「あかり」という名前をつけたいわれを聞くシーンについて撮影秘話を披露しました。
リハーサルでは泣きっぱなしだった瀧本美織ですが、自分が泣いてしまうと返って視聴者に伝わらないと、本番では涙をこぼさないように頑張ったのだとか。

この日の放送(10/30)は、「てっぱん」第一週では最も高い視聴率18.7%を記録しました。


ドラマのために広島風お好み焼きも大阪風お好み焼きも焼けるようになった瀧本は、記者会見で
「ひっくり返したりするのも手になじんできました。ドラマが終わったら、お店出そうかな~!」(スポーツ報知より)
とうそぶいていますが、土曜スタジオパークで実際に披露した広島風お好み焼きの手さばきは、瀧本と一緒に焼いていた「ビビる大木」よりも素人ぽかったです。

そんな瀧本美織、NHKによるドッキリ企画として土曜スタジオパークの質問コーナーで実のおばあちゃんからのメッセージが紹介されると、思わずうれし涙をこぼしました。
やはり「泣き虫」は本物のようです。

今後も朝ドラ「てっぱん」で元気いっぱいの瀧本美織を見たいですね!!

【送料無料】てっぱん 完全版 D...

【送料無料】てっぱん 完全版 D…
価格:14,364円(税込、送料別)

人気BLOG RANKING
月別の過去記事
powered
yahoo