芸能人の裏話や噂をいち早くお伝えします♪もちろんジャニーズ事務所のうわさもあります!

『梅ちゃん先生』20%の高視聴率スタート!一方の大河ドラマ『平清盛』は低迷続く

4/2に始まったNHK朝ドラ『梅ちゃん先生』がいきなり高視聴率を記録しました。

ランキングクリックお願いします→ ranking

女優として実績がある堀北真希をヒロインに起用し、
東日本大震災の復興支援プロジェクトの一環にも位置づけられた
(参照:堀北真希 来春朝ドラ『梅ちゃん先生』ヒロイン決定!女性赤ヒゲ先生が日本を復興

NHKの看板ドラマ”朝の連続テレビ小説”『梅ちゃん先生』が好調な滑り出しを記録しました。


4月2日(月)の初回でいきなり関東地区18.5%(関西地区16.7%)と昨年好評だった「おひさま」の初回(18.4%)を越える高視聴率でスタートしました。

初回で18.5%となるのは、最近10年間の朝ドラでは2006年下期の「芋たこなんきん」が初回に記録した20.3%に次ぐ好記録です。


連続ドラマでは初回視聴率は高いものの、その後徐々に視聴率が低下することが多いです。
たとえば、昨年10月スタートの秋ドラマでは前評判の高かった『南極大陸』『相棒』は初回視聴率こそ20%越を記録したもののその後は15%前後に留まりました。
(参照:10月期<連ドラ>『南極大陸』『相棒』筆頭に高視聴率スタート!「家政婦~」「謎解き~」も好調

ところが『梅ちゃん先生』は初回だけのご祝儀記録ではありませんでした。

4月3日(火)の第二話も関東地区18.1%(関西地区18.7%)と関西地区では初回よりも視聴率が上がるなど好調をキープ。

4月4日(水)の第三話では、とうとう関東地区20.0%の大台を記録しました。


★『さかさまの空(初回限定CD+DVD)』
SMAPが歌う NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の主題歌

【送料無料】さかさまの空(初回限...

【送料無料】さかさまの空(初回限…
価格:1,275円(税込、送料別)

朝ドラ『梅ちゃん先生』の好調を一番喜んでいるのはこの人かも知れません。

NHKの松本会長は高視聴率を聞いて

始まる前から興味を持って見ていた。
これは好評を受けるだろうなと期待していました。
始まったのを見ても、堀北さんのキャラクターとか配役を見てもこれから伸びていく期待が持てる。
スタジオの撮影風景も見に行き、期待ができるドラマだと思います。

(まんたんウェブより)
と、一般視聴者と変わらないノー天気なコメント。


『梅ちゃん先生』が好調なのはヒロイン堀北真希など俳優陣のがんばりもありますが
ストーリーの面白さが効いていると思います。

脚本を担当する尾崎将也氏は今回NHKドラマを手がけるのは初めてですが
民放ドラマの『アットホーム・ダッド』『結婚できない男』『特命係長・只野仁』などヒット作を連発するベテラン脚本家。

NHKの担当プロデューサーの岩谷可奈子氏とともに
“15分のなかで1回は笑わせようね。1週間のうち1回はホロッとさせようね”
(NEWS ポストセブンより)
と、綿密な脚本が視聴者の心をつかんでいるのでしょう。


一方、NHKのもう一つの看板ドラマ”大河ドラマ「平清盛」”は視聴率の低下に歯止めがかかりません。

ワースト3位となる初回視聴率17.3%を記録した大河ドラマ「平清盛」
(参照:朝ドラ「カーネーション」好調の一方!大河「平清盛」初回視聴率ワースト3位に低迷

その後も好転の兆しは見えず、最近は歴代最低記録を争う状態。
4月1日の放送ではとうとう12%割り、11.3%の歴代低視聴率2位を記録してしまいました。

この不甲斐なさにNHKの松本会長は

登場人物がいろいろ出てきて、交錯して分かりにくいところはあるのかなと思うところはあります。
作っている方は(番組の)前後で説明するなど分かりやすいように工夫をしている。
なじみが少ない時代。
NHKとしては、そういう時代にフォーカスするのは重要なことだと思います。

(まんたんウェブより)
と、大河ドラマの制作スタッフを擁護しますが、
総花的なドラマ作りは限界に来ているのかも知れません。

このまま現状の路線を続けると視聴率は一桁台に落ち込むことも考えられます。


最後までご覧いただきありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします!!
人気blogランキング現在19位!(エンタメ・全般)(^-^)v

人気BLOG RANKING
月別の過去記事
powered
yahoo