芸能人の裏話や噂をいち早くお伝えします♪もちろんジャニーズ事務所のうわさもあります!

倉科カナ NHK朝ドラ「ウェルカメ」ヒロイン抜擢でグラビア卒業

NHK朝の連続テレビ小説2009年下期シリーズ「ウェルカメ」が9月28日から始まりました。

28日の初回視聴率は、関東地方で16.0%、関西地区で11.8%と発表されました。

朝ドラの視聴率低下傾向が続いていて、前作(2009年上半期放送)の「つばさ」は平均視聴率が関東地区13.8%、関西地区11.3%と過去最低を記録しました。

初回視聴率で比べると、「ウェルカメ」は過去最低だった2007年上期放送の「どんど晴れ」(14.9%)に次ぐ低さだったとか...


NHKの連続テレビ小説は、最近の制作方針として上期(4月~9月)を東京制作、下期(10月~3月)を大阪制作となっています。そのためか、上期放映ドラマは関東地方で視聴率が高く、下期放映ドラマは関西地区で視聴率が高い傾向があります。

特にその傾向がはっきりしたのは2007年下期放送の「ちりとてちん」でした。平均視聴率で見ると、関東地区ではワースト3の15.9%だったのに、関西地区では17.0%とかなりの高視聴率でした。

朝ドラの場合、視聴率が低いからと言って人気がなかったともいえません。「ちりとてちん」は視聴率としてはかなり低かったのですが、DVD売り上げでは朝ドラ史上最高を記録しているのです。
DVD「ちりとてちん」(ヒロインは貫地谷しほり)

さて、9月28日から始まった「ウェルカメ」は大阪制作で、徳島県美波町というウミガメがやってくる町を舞台にしています。

視聴率はカメのようなのんびりムードで始まりましたが、ヒロインの浜本波美役はまだ子役の小酒井円葉ちゃんが担当しています。
倉科カナが登場する頃にはもう少し上昇すると思います、まあじっくり見守りましょう。

NHK朝ドラのヒロインというと、かつては全くの無名新人をオーディションで選ぶことが主流でした。 そんな中から後の有名女優も多数輩出しています。

しかし、視聴率の低迷からNHKも全くの新人を抜擢して冒険するより、実績ある女優を使う安全策をとるようになってきました。
たとえば、2006年上期の「純情きらり」では民放ドラマで活躍する宮﨑あおいを、下期の「芋たこなんきん」では藤山直美をヒロインにしました。

しかし、ヒロイン選好をオーディション方式から実績優先に変えても視聴率上昇にはつながらず、NHKでもヒロイン選好はその時々で使い分けています。

今回の「ウェルカメ」ヒロインの倉科カナは、オーディションで選ばれました。

倉科カナはNHKでは土曜スタジオパークにレギュラー出演したことがあるほか、民放ドラマの
「清く恋しく、美しく」などいくつかの作品の出演経験はありますが、今回の朝ドラヒロインはある意味大抜擢といえるでしょう。

倉科カナは、「ミスマガジン2006」でグランプリになり、講談社を中心にグラビアアイドルとして
DVD「In Your Eyes」(2008年)
写真集「Sunny Flower」(2008年)
など、妖艶な水着姿を披露していました。

しかし、今回の朝ドラヒロイン決定で、グラビアアイドル卒業を宣言しました...

さてさて、グラビアアイドルから本格女優への転身が叶うかどうか
まずは、朝ドラ「ウェルカメ」の演技をじっくり見させていただきましょう♪

倉科カナのグラビアDVDとしては見納めとなる
「Beach Angels 倉科カナ in サウス・ストラドブローク島」(2009年)
これは秘蔵記録版になりそう♪


3 件のコメント

人気BLOG RANKING
月別の過去記事
powered
yahoo