芸能人の裏話や噂をいち早くお伝えします♪もちろんジャニーズ事務所のうわさもあります!

朝ドラ『てっぱん』震災後に視聴率急上昇『ゲゲゲ』に並ぶ23.6%記録

d 東日本大震災の影響で1週間放送休止されたNHK朝の連続テレビ小説『てっぱん』が4月2日に終了、全回の平均視聴率が17.2%だったと発表されました。

ランキングクリックお願いします→ ranking

NHK朝の連続テレビ小説が1週間も放送を休止したのは『てっぱん』が初めてでした。

震災報道一色だったNHKには、『てっぱん』の放送再開の望む声が多数寄せられたと言います。

そんな声に押されたのかNHKは1週間後に看板番組の「朝の連続テレビ小説」と「大河ドラマ」の放送を再開しました。
(参照:NHK朝ドラ「てっぱん」と大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」が放送再開!


『てっぱん』の放送終了も当初予定より1週間遅れの4月2日、
発表された全回の平均視聴率は17.2%(関西地区は16.2%)で最近の10作品の中では「ゲゲゲの女房」(18.6%)に継ぐ4番目の高視聴率であったことが分かりました。

『てっぱん』ヒロインを務めた瀧本美織の天然さ加減が良かったのかも知れませんが
(参照:次期NHK朝ドラ「てっぱん」ヒロインの瀧本美織は天然キャラかも

高視聴率となったのは東日本大震災に影響されたのかもしれません..

震災前までの『てっぱん』平均視聴率は16.9%だったのに、震災後2週間の平均視聴率が20.2%と3.3%も上昇したのです。

『てっぱん』の最高視聴率は3月23日に記録した23.6%(関東地区)で『ゲゲゲの女房』の最高視聴率と同じでした。

★『てっぱん 完全版 DVD-BOX 1』
DVD4枚 映像特典としててっぱんダンスも収録

【送料無料】てっぱん 完全版 D...

【送料無料】てっぱん 完全版 D…
価格:14,364円(税込、送料別)

震災後のNHK総合テレビは震災関連報道一色だったのですが、
朝ドラ『てっぱん』の放送再開を喜んだのは震災で大きな被害を受けた東北地方も同じでした。

仙台地区では放送再開後の3月28日に最高視聴率28.1%を記録

「てっぱん」の制作を担当したNHK大阪放送局の海辺潔チーフプロデュサーは
「東北地方の皆様からは温かいお言葉をたくさんいただき、震災後、避難所から放送再開を喜ぶお便りをくださった方もいらっしゃいました」(スポーツ報知より)
と、被災地へも受け入れられたことを喜びました。

ただ『てっぱん』が震災後に高視聴率を記録したのは視聴者が朝ドラを待ち望んでいたからだけでなく、
朝ドラ前のNHKニュース「おはよう日本」の視聴率が震災後急上昇したことが影響したとの分析もあります。

どちらにしろ、人と人とのつながりや家族愛を描いた『てっぱん』は
最終回で出演者全員が「てっぱんダンス」を披露する明るい雰囲気でフィナーレを迎えました。


NHK朝の連続テレビ小説は4月4日から井上真央がヒロインを務める『おひさま』がスタートしました。
(参照:井上真央 「おひさま」安曇野ロケでお下げのセーラー服姿を披露

長野県安曇野を舞台にした『おひさま』は、「ちゅらさん」を書き下ろした岡田惠和氏のオリジナル作品で、激動の昭和を明るく照らす太陽のように生きたヒロイン(陽子)の半生を描きます。

『おひさま』の初回視聴率は関東地区で18.4%(関西15.6%)と前回の『てっぱん』や『ゲゲゲの女房』の初回を上回る好結果。
現在はヒロインの陽子役を子役の八木優希ちゃんが演じています、井上真央が登場してから視聴率がどうなるのか気になります。



最後までご覧いただきありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします!!
人気blogランキング現在22位!(エンタメ・全般)(^-^)v

人気BLOG RANKING
月別の過去記事
powered
yahoo