芸能人の裏話や噂をいち早くお伝えします♪もちろんジャニーズ事務所のうわさもあります!

妻夫木聡 天地人クランクアップで愛の涙

NHKの大河ドラマ「天地人」が9月24日東京のNHKスタジオで最終収録を終えました。

主演の妻夫木聡は、戦国時代の武将としては異例となる”愛”の文字を甲に掲げたことで有名な「直江兼続」を演じ、主君に忠実な家臣だけでなく、愛のある政務を行ったと伝えられます。

そんな愛の武将「直江兼続」を演じた妻夫木聡は、ドラマ「天地人」でも何度か涙を見せましたが、この日の最終収録では本物の感動で涙を流しました。

妻夫木は撮影後の挨拶で
「本当に愛がある現場でした。自分も兼続のようにいろんなものに愛を持って生きられたら」(スポーツ報知より)
と、直江兼続の生き方に本心で感動しているようです。

スタジオ最終収録は、兼続と上杉景勝役の「北村一輝」の二人のシーンとなり、撮影が終わると、思わず二人がガッチリ抱き合い、1年間の労をねぎらいました。

天地人では年齢がわかりにくいですが、
直江兼続役の妻夫木聡は28歳で
上杉景勝役の北村一輝は40歳です。

12歳も年齢差があるのですが、二人は息がぴったりで先輩の北村一輝は主役の妻夫木を
「常に現場を引っ張ってくれた。天地人イコール妻夫木聡です」(スポニチより)
と若手有望株を大いに持ち上げていました。

★『NHK大河ドラマ 天地人』完全版 第壱集

【10%OFF】送料無料!!【DVD】NHK大河ドラマ...

【10%OFF】送料無料!!【DVD】NHK大河ドラマ…
価格:39,690円(税込、送料込)

妻夫木聡は、若いながらも既に2006年2007年と連続して日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しています。

2006年に映画化され、妻夫木の主役が光った
「涙そうそう」ではアカデミー賞主演男優賞も受賞しています。
この映画、沖縄の美しい海と悲しい物語に思わず涙がこぼれます


大河ドラマの話に戻ります。
実は天地人の撮影は、この日が最後ではなかったのです。
スタジオ撮影は最後ですが、妻夫木には新潟でのロケーションが残っています。
クランクアップはまだですが、スタジオに集まった共演者から花束をもらって
妻夫木は「まだ終わっていないんだよ」と言いながら、
「あっという間の1年間で...」と撮影を振り返ると、思わず感動の涙をこぼしてしまいました。

この日駆けつけた共演者には、兼続の子供時代を演じた加藤清史郎君もいます。
清志郎君は、テレビCMにも出演するなど大ブレーク中で、
NHK大河ドラマとしては異例の3度も天地人に出演しました。

加藤清史郎君は、俳優としてだけでなく
「かつおぶしだよ人生は」でCDデビューを果たしました

この歌はNHKみんなの歌にも取り上げられ
およげたいやきくんに次ぐ大ヒットとなるかも...


さて、妻夫木聡がアジアでも人気なのは映画「どろろ DORORO」の香港試写会でもわかりました。映画のキックオフイベントでは約1000人のファンが押しかけたほか、地元紙でも大きく報じられました。
柴咲コウとの共演も見せましたね!!

1 件のコメント

人気BLOG RANKING
月別の過去記事
powered
yahoo