芸能人の裏話や噂をいち早くお伝えします♪もちろんジャニーズ事務所のうわさもあります!

映画「あしたのジョー」で山下智久と伊勢谷友介が本気の肉体改造

来年2月に公開される実写映画「あしたのジョー」に主演する山下智久と伊勢谷友介のボクシングショーツ姿が公開されました。
ranking

「あしたのジョー」は1968年に少年マガジンに連載されたボクシング漫画で、矢吹丈(ジョー)と力石徹のライバル対決が人気を博しました。

「あしたのジョー」は70~71年と80~81年にTVアニメ化され、劇場版アニメも制作されました。
また、1970年には石橋正次が丈、亀石征一郎が力石、辰巳柳太郎が丹下段平を演じて実写映画化されました。

「あしたのジョー」は今年(2010年)テレビアニメ化40周年を迎えることを記念して、40周年記念イベントが開催されています。
そして、元々ボクシングに興味があったというNEWSの山ピーこと山下智久を矢吹ジョー役に抜擢して二度目の実写版映画「あしたのジョー」が制作されることが決まりました。
(参照:山ピーが実写映画「あしたのジョー」丈役で肉体美披露

矢吹丈の永遠のライバルである力石徹役を演じる伊勢谷友介と山下智久は、監督がこの映画求めるテーマ「本物の筋肉を手に入れ、本気で殴り合うこと」に応えるため、過酷なトレーニングで肉体改造に取り組みました。

俳優魂に火が付いたのか、山ピーと伊勢谷は本物のプロボクシングトレーナーである梅津正彦氏の指導の下本格的なトレーニングを開始しました。

二人は毎日2時間近くトレーニングを続け、とうとうプロボクサー並みの強靱な肉体を手に入れました。
山下智久は体重62キロから53.5キロに、伊勢谷は67キロから57キロに減量
体脂肪率は山下が14%から5%に、伊勢谷が15%から3~4%と本物のボクサー並みの驚異的な低脂肪率まで落としました。

WBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志を育てたプロボクシングトレーナーの梅津正彦氏は
「腹の強さ、硬さは、現役の4回戦(ボクサー)どころか、僕が見てきた日本チャンピオンより強い」(スポーツ報知より)
と、二人の肉体に太鼓判を押しました。

映画「あしたのジョー」の見物は二人の肉体美だけではありません。
よりリアルに見せるために試合シーンは本気で殴り合ったと言い
山ピーは
「『本気で来い』という伊勢谷さんと本気で殴り合えたことで『言葉じゃなく心が通じる』というのを身をもって感じることができました」
と、感動のシーンをふり返り、
伊勢谷も
「ボクサーのすごさを体感することが出来た、素晴らしい経験。(作品を)見たい!」(スポーツ報知より)
と思い入れの強い作品になったようです。

人気BLOG RANKING
月別の過去記事
powered
yahoo