芸能人の裏話や噂をいち早くお伝えします♪もちろんジャニーズ事務所のうわさもあります!

「あしたのジョー」イベントでぐっさんとあおい輝彦が「ベスト・ジョーニスト」に

名作ボクシング漫画「あしたのジョー」40周年を記念して開かれている「プレミアムイベント」で、主人公の矢吹丈(ジョー)の魅力や精神を伝える「ベスト・ジョーニスト」にアニメでジョーを演じたあおい輝彦と丹下段平のものまねもする山口智充(ぐっさん)が選ばれました。

ランキングクリックお願いします→ ranking

1967年から少年マガジンに連載された「あしたのジョー」は、主人公の矢吹丈とライバルの力石徹の壮絶な戦いが描かれたボクシング漫画です。原作は梶原一騎さんで、ちばてつや氏が作画を担当しました。
マンガと平行してテレビでもアニメが放送され、スポ根ブームを起こし社会現象にもなりました。

テレビ放送は1970年から始まり今年でちょうど40年となることから、アミューズメント施設「東京ジョイポリス」を期間中「東京ジョーポリス」に変え、『あしたのジョー 40周年記念 プレミアム ミュージアム 東京ジョーポリス』が2月4日~11日の間開催されています。

オープニングイベントでは、ジョーの精神を伝える”ジョーの伝道師”ともいえる「ベスト・ジョーニスト」にTVアニメで矢吹丈の声優をつとめたあおい輝彦と、ものまねタレントで大のジョーファンの上、丹下段平のものまねも得意な山口智充が選ばれました。

プレゼンターの漫画家ちばてつや氏からトロフィーを受け取ったぐっさんは
「本当に光栄。ジョーには男の子の生き方を学びました」(毎日新聞より)
と、小さい頃に見たアニメを思い出していました。

「あしたのジョー」40周年イベントでは、お笑いタレントのケンドーコバヤシさんが「東京ジョーポリス」の一日館長に就任したほか、自身も女子ボクシングに取り組んでいる南海キャンディーズの山崎静代(しずちゃん)も登場しました。

ちばてつや氏はあしたのジョーのことを
「40年経ってしまうと私の作品ではなく、ファンのみなさんのものであって、私は昔存在した産みの親の一部といった感じですね」(@ぴあより)
と、第三者のように話しました。

今年は「あしたのジョー」をモデルにしたパチンコやパチスロも登場し、まさにあしたのジョー復活の年とも言えます。
イベントが開催されている「東京ジョーポリス」では、あしたのジョーメモリアル映像が放映されたり、ぱちんこ・パチスロ「あしたのジョー」無料体験などもできます。

早くもパチスロあしたのジョーの解析・攻略法も登場しているとか

マンガのあしたのジョーは知らなくても、パチンコ・パチスロファンが改めてあしたのジョーの魅力を発見してくれるかもしれません。

人気BLOG RANKING
月別の過去記事
powered
yahoo